人生100年時代

ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子どもの半数が107歳より長く生きると推計されているのをご存知ですか?


日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎え、人生100年時代へ突入し始めています。



まず、人生100年という長い時間をより充実したものにするため必要となってくるのが、知力!!


幼児教育から小・中・高等学校教育、大学教育。

さらには社会人になってからの学び直しや新たな学びにいたるまで、生涯にわたる学習が重要です。(-?。?-)キリッ



また、人生100年時代になったときの働き方も考えておく必要があると思います。

現在、65歳引退が多くなってきていますが、人生100年となるとその後35年もあるのです!


35年もの長い期間を、年金や退職金等で十分に暮らしていくことは、困難な方が多いのではないでしょうか。

人生100年時代は長期にわたり、収入を得るための仕組みづくりが必要となりますね。



人生100年時代、高齢者から若者まで、全ての国民に活躍の場がある社会になってほしいと思います。


元気で活躍し続けられる社会!

安心して暮らすことのできる社会!

とするために、みんなで考えていきたいですね。



21回の閲覧

Copyright© 2020 Working Woman Plus All rights reserved.